FC2ブログ

すりーひゅーまにずむ

アンプ4号機完成(定数変更Chumoy)

前に書いてたのができました。頼緋良です。

前回同様詳細は「続きを読む」に。

今回は半分ネタですw




今回作ったのは1号機と同じChumoyアンプを改造したものです。
原典の回路とかはWikiを参考に。

Wikiからの変更は以下の通り。
1.R6~R8を3.6kΩに変更(増幅率を11倍→2倍に減少)
2.R4,R5を1.8kΩに変更(バイポーラ型オペアンプ対応のため)
3.C3,C4を22μFに変更(2.の変更に伴うフィルタ周波数改善)
4.出力の直前に36Ωの抵抗追加(発振、分圧崩壊防止)
5.電源用の電解コンデンサを10V2200μFに強化(音の傾向が変わるらしい)
6.オペアンプをLME49720に変更

そのほかに拘りとして、
7.電源コンデンサ - オペアンプ間の配線を2本線に(瞬間に流れる電流がうんたらかんたら)
8.GNDの配線を太めの線に(低音の響きが変わるらしい)

そんなこんなで作ってみたのがこれ↓
DSC_0036.jpg

前に宣言した通り100円タッパーです(笑)
持ち運びとか全然考えてないので、基盤の固定はしてません。
スイッチは2号機の電池ケースについてたあまりもの。
あと使ってみたかった大きいボリュームとつけてみたり。

電源入れるこんな感じ↓
DSC_0037.jpg

写真だと分かりにくいですが、超高輝度LEDがよく光りますw
ちなみに4kΩの抵抗を入れてるので、約2.25mA流れてるのかな。
上に光が抜けすぎるので、ふたには反射板代わりにアルミホイルつけてみました。
調理器具だしね(笑)
暗い所で使うとインテリアにいい感じです(?)


とまぁこんな感じで音に拘りつつ遊んでみたんですが、肝心の音はどうなのか!?
今回は2日くらいエージング掛けた上での感想。

低音が出るように調整したおかげなのか、低音がバンバン出ます。
そのかわりちょっと高音が消されてる(?)
今までの作りたてアンプとは違った傾向ですが、まだ音が篭っているのでエージングが必要かな。
折角1号機のがあるので、今度時間があったらオペンプ換装とかもしてみたいです。

・・・どうでもいいですが、このアンプ何故か無線ルータの近くに持って行くと物凄い雑音が鳴りますw
他のアンプも防磁加工とか無いのに、なぜこいつだけ?
まぁ近づけなければいいんですけどねw


さて、今まで作成したおかげでまだまだ半端に余ったパーツがあるんですが、
もうモチベーションがダウンしました。
1号機のChumoyには不満があったので今回作り直しましたが、2号機と3号機は大した不満が無いし。
作りなおしても配線がすっきりするぐらいです。
なんか面白そうな回路を見つけるまで、次回は無いかな。
直ぐに見つける可能性はあるけれどもw


別記事に他に事を書こうと思ったけど、こっちが長くなったので忘れた!w
それでは今回はこの辺で。
ノシ
スポンサーサイト



アンプ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ネオニートの一日 | ホーム | 今回はあるよ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |